「未破裂脳動脈瘤(みはれつのうどうみゃくりゅう)」の手術・治療件数の全国病院ランキングです。2017年の実績ベース。厚生労働省(厚労省)のデータに基づいています。未破裂脳動脈瘤専門の医師がいる全国の病院が対象です。1位は大阪の富永病院、2位は埼玉医科大学国際医療センター、3位は宮城の広南病院となっています。(医療・介護情報メディア「リトリート」編集部 大畑亮介

手術件数ランキング(全国トップ30)~2017年実績

順位 病院名 手術数
1位 富永病院
(大阪)
410
2位 埼玉医科大学国際医療センター
(埼玉)
319
3位 広南病院
(宮城)
284
4位 神戸市立医療センター中央市民病院
(兵庫)
239
5位 札幌禎心会病院
(北海道)
231
兵庫医科大学病院
(兵庫)
231
7位 東京慈恵会医科大学病院
(東京)
226
8位 順天堂大学順天堂医院
(東京)
203
9位 済生会熊本病院
(熊本)
179
10位 横浜新都市脳神経外科病院
(神奈川)
176
11位 中村記念病院
(北海道)
167
12位 脳神経センター大田記念病院
(広島)
165
13位 岩手県立中央病院
(岩手)
164
14位 藤田医科大学ばんたね病院
(愛知)
161
15位 藤田医科大学病院
(愛知)
159
大西脳神経外科病院
(兵庫)
159
17位 獨協医科大学埼玉医療センター
(埼玉)
158
18位 国立循環器病研究センター
(大阪)
154
19位 小倉記念病院
(福岡)
147
20位 国立大阪医療センター
(大阪)
140
福岡大学病院
(福岡)
140
22位 順心病院
(兵庫)
138
23位 東京女子医科大学病院
(東京)
136
武蔵野赤十字病院
(東京)
136
25位 国立仙台医療センター
(宮城)
135
26位 獨協医科大学病院
(栃木)
133
27位 旭川赤十字病院
(北海道)
132
28位 名古屋大学病院
(愛知)
126
29位 流山中央病院
(千葉)
124
30位 虎ノ門病院
(東京)
123
横須賀共済病院
(神奈川)
123

手術・治療件数ランキング(全国トップ30)~2014年実績

順位 病院名 手術数 処置数 合計
1位 埼玉医科大学国際医療センター
(埼玉県日高市)
203 468 664
2位 富永病院
(大阪市浪速区)
233 216 452
3位 神戸市立医療センター中央市民病院
(兵庫県神戸市)
139 260 399
4位 国立循環器病研究センター病院
(大阪府吹田市)
116 277 390
5位 小倉記念病院
(福岡県北九州市)
122 248 372
6位 福岡大学病院
(福岡市城南区)
103 244 348
7位 順天堂大学医学部附属順天堂医院
(東京都文京区)
115 218 334
8位 東京慈恵会医科大学附属病院
(東京都港区)
130 204 333
9位 大西脳神経外科病院
(兵庫県明石市)
111 171 285
10位 虎の門病院
(東京都港区)
86 188 273
11位 藤田保健衛生大学病院
(愛知県豊明市)
176 69 249
12位 国立病院機構 横浜医療センター
(横浜市戸塚区)
108 138 245
13位 東京女子医科大学病院
(東京都新宿区)
185 55 240
14位 国立病院機構 仙台医療センター
(宮城県仙台市)
97 116 210
15位 福岡大学筑紫病院
(福岡県筑紫野市)
79 122 206
16位 脳神経センター大田記念病院
(広島県福山市)
88 115 203
17位 水戸ブレインハートセンター
(茨城県水戸市)
79 122 201
18位 中村記念病院
(札幌市中央区)
83 117 200
19位 横浜新都市脳神経外科病院
(横浜市青葉区)
59 137 193
20位 禎心会病院
(札幌市東区)
98 95 190
21位 獨協医科大学病院
(栃木県壬生町)
73 115 189
獨協医科大学 越谷病院
(埼玉県越谷市)
79 108 189
23位 シミズ病院
(京都府京都市)
47 135 183
24位 京都大学医学部附属病院
(京都府京都市)
64 112 178
25位 岐阜大学医学部附属病院
(岐阜県岐阜市)
69 93 161
26位 旭川赤十字病院
(北海道旭川市)
130 29 159
27位 海南病院
(愛知県弥富市)
50 98 156
28位 網走脳神経外科・リハビリテーション病院
(北海道網走市)
21 133 155
29位 葛西昌医会病院
(東京都江戸川区)
57 97 152
30位 横浜市立大学附属 市民総合医療センター
(横浜市南区)
57 88 144
大阪警察病院
(大阪市天王寺区)
52 91 144

未破裂脳動脈瘤とは

脳血管の分岐部に直径10ミリ前後の動脈瘤が発生し、それが破裂することによりくも膜下出血がおこります。

発症年齢は50~60歳代が最も多いのですが、最近では高齢者の発病が増加する傾向にあります。

動脈瘤は内頚動脈、前交通動脈、中大脳動脈などが主な発生部位ですが、そのうち動脈瘤が2個以上ある多発性動脈瘤が約20パーセントに認められます。

くも膜下出血が大量の場合には、高度の意識障害をきたし、重篤となりますが、最初の破裂発作では軽症の場合が多いのです。

しかし、一度くも膜下出血をおこした破裂動脈瘤は再破裂をおこすことが特徴的であり、再破裂発作がおこると重篤となって約3分の2は死亡します。

したがって、脳動脈瘤の治療にあたっては再破裂発作がきわめて重要で、これを予防するために外科的な手術が必要となるのです。

さらにくも膜下出血後2週間以内の時期には、脳の血管がきわめて細くなる脳血管れん縮が出現します。

このため脳血流に障害がおこり、片まひなどさまざまな症状を引きおこすのですが、重篤な場合はこの脳血管れん縮で死亡します。

この脳血管れん縮は、再破裂発作とともに脳動脈瘤の予後を左右する重要な因子なのです。

<引用文献>
「家庭医学事典―ビッグドクター・ハンディ判」